‘新規墓石・墓所リフォーム例’

墓所リフォーム 外柵改修工事(ビフォーアフター)

2019-02-16

樹木を墓所内に植えられている方は多いのではないでしょうか。植木がある場合は定期的にお手入れをすることでお墓を良い状態で保つことができます。ただ、全く手を入れないでいますと、大きくなりすぎてしまい、ひどい時には根によって石が動かされ、お隣のお墓に迷惑をかけてしまうこともありますので注意が必要です。

今回の墓所工事の場合では、植木や経年によって外柵が破損しており、お参りが難しいお墓をキレイな状態へ再生する工事を行っております。

お石塔はそれほど傷みが見られませんでしたので、クリーニングにより長年の汚れを落としてから再利用をしています。
写真ではお石塔の手前にある拝石周りに砂利がありませんが、後に控えているご納骨が完了した後、砂利をお入れしております。

墓誌も新たに建てましたので、お名前もこれから長く残っていくことが可能です。

【工事内容】
新規外柵(御影石)・新規カロート(納骨堂)
新規墓誌(黒御影石 ※台座は白御影石)・石塔クリーニング

 

 

改修工事をご検討の場合は、お見積りを出させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

墓所リフォーム 手すり設置

2019-01-18

お墓参りの際に、段差の上り下りを大変に感じていたお客様より

手すりの設置のご依頼を頂きました。

雨の後など、お墓の中が滑りやすい場合でも、手すりがありますと安心です。

段差のあるお墓はたくさん有りますので、

お参りの際にご不便を感じられている方も多いのではないでしょうか。

お墓を建て替えることなく、

費用を抑えてお参りのご不便さを無くす方法としてご参考にして下さい。

手すりの設置をご希望の方には、まず設置可能かどうかお墓を拝見させて頂き、

お見積りを出させて頂きます。

墓所リフォーム 洗い出し

2018-12-24

お墓の草刈りが大変ということで、

草が生えないような施工をして欲しいというご希望が多いです。

よくご提案させて頂くのは【洗い出し】という方法。

コンクリートで固めるだけではなく、

砂利や敷石を半分埋め込むように施工するので見た目も素敵になります。

こちらのお客様は植木を植えるところも残しておきたいとのことで、

墓石の横は洗い出しにせず、間仕切りをして土の部分を残してあります。

ご希望に合わせて色々ご提案させて頂いております。

墓所リフォーム

2018-07-24

 

半坪のお墓にも、塔婆立てをお付けすることができます。

墓石・外柵は茨城県の真壁石をお使いです。

場所が傾斜地でしたので、隣の墓所との高さを合わせるような工夫を致しました。

足元は滑り止め効果もある市松模様を入れてあります。

墓所リフォーム

2018-06-16

墓所のリフォームを承りました。

 

階段をたくさん上がらずにお参りできるようにしてほしいとのご希望でした。

入り口の段差を低くして上がりやすくなるように致しました。

また、ざらざらとした表面で滑り止め効果のあるバーナー仕上げにしております。

外柵が大きく立派なのが特徴です。

墓所リフォーム

2018-06-01

広めの墓所で、雑草にご苦労されていらっしゃったので、お掃除が楽になるよう洗い出しをお勧め。

広い敷地にはアクセントとして荷物台・植木を入れるご提案をしました。墓石は黒御影石をご希望。

とても喜んで頂きました!

新規墓石工事

2017-08-02
ビフォー
新規墓石工事
アフター
新規墓石工事
新規墓石工事

墓所全体を新しい石で建てました。石塔は茨城県産の真壁石を使用しております。

<施工箇所>
新規石塔(茨木県産真壁石)、新規外柵(中国産614)、新規カロート(納骨堂)

ちとせHP 墓所工事・リフォームはこちらよりご覧ください。

墓所リフォーム 防草土

2017-04-06
ビフォー
墓所リフォーム 防草土 墓所リフォーム 防草土 墓所リフォーム 防草土
アフター
墓所リフォーム 防草土 墓所リフォーム 防草土 墓所リフォーム 防草土

こちらのお墓は、雑草が生えてくるのを防ぐ為、防草土による施工を行いました。
コンクリートで埋めてしまうだけの施工と比べると、墓所らしい雰囲気を残すことが出来ます。
植木周り等、防草土の施工が出来ない場所には、砂利を入れてあります。

草が生えないようにする施工は、他にも那智石を使った「洗い出し」などもありますので、
「墓所工事・リフォーム」のページもご覧ください。

<施工箇所>
新規墓誌、防草土

ちとせHP 墓所工事・リフォームはこちらよりご覧ください。